「平成の防人」 2019年制作

582 x 354 mm 2019年制作 靖国神社蔵

「平成の防人」582 x 354 mm    2019年制作 靖国神社蔵

靖国神社にて毎年7月13日から16日まで行われる「みたままつり」期間中、参道に掲揚される雪洞(ぼんぼり)を揮毫(きごう)させて頂きました。

友人の日本画家が以前から揮毫してると聞き「是非僕も揮毫したい」と、その画家が所属してる老舗画廊を通して靖国神社様にご紹介頂き、ご依頼を賜りました。

書題、画題は自由と聞きましたが、先の大戦での戦没者たちを祀る神社ですので、英霊たちへのご報告として、現代の自衛隊が国民を守って下さってる様子を画で表現する事に決めました。
2011年の東日本大震災での洪水から人々を救助する写真をネットで見つけ、写真提供者である自衛隊第10師団司令部広報室に「靖国神社みたままつりへの揮毫雪洞の題材としてこの写真を参考に描きたい」旨をお伝えし、快諾を得て制作しました。

「平成の防人」靖国神社展示の様子
「平成の防人」靖国神社 掲揚の様子
「平成の防人」靖国神社展示の様子
「平成の防人」靖国神社 掲揚の様子