「明心寺第二世住職 頂相」 2014年制作

1080 x 455 mm 2014年制作 北海道岩見沢市 明心寺蔵

「明心寺第二世住職 頂相」1080 x 455 mm 2014年制作 北海道岩見沢市 明心寺蔵

明心寺の現住職は、小、中、高の同級生です。
第一世住職の頂相(ちんそう)は頂相専門の工房に依頼されたそうですが、あらかじめ雛形のある衣装、ポーズに、生前の顔写真を当てはめて描く方法を取ってますので、伝統的な平面の衣装の上に、写真を見て描いた立体的な肖像が乗り、まるで顔ハメ看板の様な違和感が出てしまったそうです。

そこで幼馴染の日本画家である僕に、先代住職がご健在のうちに顔だけでなく実際ご着用の袈裟と衣を着てポーズを取ったところを直接取材して描いてもらうことに決めたそうです。

お顔だけでなく、衣装も丸ごと立体的な陰影がついてますし、何より実際ご本人にこの衣装、ポーズを取って頂いたのを実際に取材してますから現実味が表現出来たのは必然だったと思います。


日本画家 佐藤宏三
「明心寺第二世住職 頂相」軸装

2023年末、先代住職は93歳にてご逝去されました。

僕が描いた頂相の上に賛(おそらく妙心寺派の高僧の方から)をご揮毫頂けたとのお知らせを受け、株式会社マスミ東京 にお送り頂いて、僕とマスミ東京の社長とで相談しながら表装の為の裂地を選んで軸装の依頼を代行いたしました。

先代住職の衣装と同系色の裂地を組み合わせて、豪華な裂地を使いつつも、一体感と同時に作品の引き立て役として馴染む組み合わせを選びました。